蛭さへも飢ゑ凌ぐ為食すといふレイテ七十年前の夏

屋根に染み膚を透りて胸底に滴りてゆく真夜中の雨

海風にケットひきよせ語りあふ水無月夕べイカ墨リゾット